2013年09月15日

レモンの田舎に泊まろうの巻・こちら葛飾区亀有公園前派出所ネタバレ注意!(秋本治)ジャンプ42号一言感想(2013年) #WJ

プラモと下町の扉絵。子どもは、DSをやっているのね。どうした(笑い)。


農家模型への指摘。動物も出てきそう。部長とは珍しい。秋田?大学教授だったような??


レモンちゃんと部長のコンビって珍しい。電極プラス、盗聴しとるやん。


準備万端の幼児って萌えますね。秋田まで着いてくるとは、愛ですね。骨肉の争い、倫理やわ(違う)。


ハゲの人は、部長のお父さん?元大学教授?量さんどらやきwwなぜ、架空??


土間は夏でも涼しい。田舎の家って、秘密基地みたいだなー。馬と暮すとか、いいですね。


子どもを競馬場に。。馬は、農村の生活に大事なのですね、馬力が、馬の力は知ってました。


馬との写真を拒否。自分で書くのはえらいですね。カマドのご飯っていいなー。


大原少年は東京にいたのじゃなかったっけ?田舎の食事、豊作の祈願が叙情的ですね。まじでしんどそー。それがイイけど。大ザルに変身したりして…(しません)。


白馬の夢が優しい感じ。擬人化されているのか。「おこめ」発言にドキっとした。リアルすぎる農家ンゴwww。


女の子に勉強教えてもらうとか、いいなー。以上、一言感想ですた。月が出ているから?ページをめくりながら、鉄板ネタですなー、お楽しみ下さい。


スポンサーリンク
posted by 葛飾区武士。 at 00:52 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月09日

ネタバレ注意!夏は花火だよねーの巻(^o^)こちら葛飾区亀有公園前派出所(秋本治)ジャンプ41号一言感想(2013年) #WJ

前回との共通点を感じさせるサブタイトル。


花火にも、指定席とか、チケットがあるのですね。昨日までだしたけど、土手の花火は、地面から打ち上げるのか。


船から上げるのを『壁』という?400円が、と言われてしまうと、四尺玉て…。ボケっぷりが面白い。コメディ中心なのかな。両津さんは、こんな人だっけ?


一つ280万円とは高価ですね。すごい。花菱アチャコが、花火師て。。音は一緒か。


本田さん久しぶり。菜々ちゃんとのデートか。何円だったのか?衝撃的で面白い。。


リュウセンシ現る。警察官で漫画家ってムリあるよな。DJポリスも来ていたとわ。。


すごい見開きだけど。ほとんど、アシさんの絵だなー。子どもが、非常に可愛い。表情にも色々とモチーフがあるような?


4時間場所取り。非番かしら。ビールいいなー。少々の雨は気にしない。イギリス紳士ですね。


衝撃的展開。今まで言及された中では、ゲリラ豪雨とは、タイムリーな感じ。避難誘導が、真に迫っている感じですね。ベタだけど良いシーンですね。


花火師もつらい。花火は、濡れると処分か。。交渉して欲しいが…。ビッグネームの人だと思うので、雨の後の飲み会は、楽しそうですね。外で、飲みたいです。どこか懐かしい感じが。


以上、一言感想ですた。ページをめくりながら、お楽しみ下さい。

]色んなことが、インターネッツではおきますね。

posted by 葛飾区武士。 at 21:35 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月02日

ネタバレ注意!夏は海だよねーの巻(^o^)こちら葛飾区亀有公園前派出所(秋本治)ジャンプ一言感想40号(2013年) #WJ

今年も海の話。すっかり寿司屋の人だなー。ゴロゴロしているのが楽しいですよね。


まさかのスポーツカー。乗り難そう。ハンドルも逆サイドだし、不安なような。すごいな。


速度はやすぎ。。交通ルールなど、なんのその?分からないのも仕方のないこと。


特別な許可ェ…。300kmとか、事故ったら死ぬなー。砂浜に直で到着だと!?


小型テントに冷却シート。実在の商品?小さい海は、楽しそうですね。


3点式の浮き輪も実在する?ガラスのバケツも。

両津さんが、すっかり父親になっている件。結婚の方が喜ばれたような…。


水上自転車は楽しそう。船が砂浜にめりこんでるやん。。どういうこと?


キャタピラ付きの船とかあるのかな?グリーンアイランドで、ワンピースを連想した。


屋久島の森だと!?お刺身の盛り合わせはガチで美味しそうですね。お腹がすきます。解説が良いな…。


面白いくらいに、まさかのグリーンエネルギーの蓄電所だと!?浮き島。

こういうのが出来たら、脱原発できるなー。神話とかかな?操作しているイメージか…。


以上、一言感想でした。ページをめくりながら、お楽しみ下さい。

posted by 葛飾区武士。 at 22:14 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする